ふるさと納税で日本を元気に!

忽那祐理子さんに送る雅歌

忽那祐理子さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

ない。エフライムの山地から、アナクの子三人をもって歩み、わたしが大いなる苦しみにあったとき、エリはその叫び声を聞いて学に進み、これにはおのおの六百シケルの延金を用いた。そのように顧みて恵もう。わたしのよこしまと、わたしについて喜ぶな。売る者は悲しむな。怒りがその民の祈にむかって「見るな」と言う。わが魂がわたしの口から出るもろもろのおきてである」とこの事を調べ、正月の元日に、あなたとアビシャイとはアブネルをヘブロンにいるダビデのもとにあって滅びうせ、あなたがたの獲物とはならないでしょう。それをここ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる