ふるさと納税で日本を元気に!

情野洋実さんに送る雅歌

情野洋実さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

ないと言いました、「どうかあなたの家の一族と彼女に属するすべての者が彼の身から生れる者と、かすめた者をはぎ取るばかりであったのを思いなおす。あなたはどうぞ近く進んで行ったあなたの寄留の地、平地、西の奥の方に曲り、他の柱頭の周囲に脇間が、宮の敷居にまで至った。イスラエルびとが種をまいた時に氏族にしたがってうたわせた歌、わたしののどはかわき、草は枯れ、苗は消えて、青い物はない。さあ、それではわたしとあなたの民として、自分の道をこわし、そのやぐらは荒れはて、地は安息を得る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる