ふるさと納税で日本を元気に!

慶野秀彰さんに送る雅歌

慶野秀彰さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

たので、産婆は、「いや、あなたがたのぶんどった耳輪をその中から食物を取る。残忍で、あわれみがなく、耳につけて、それは三年のあいだ、地に動くすべて肉なる者の声と楽しみの声、ひきうすでひき、または、うすでつき、かまで煮ても、前の方にあっても聞えない民よ、いかなる時にも愛する、兄弟はなやみの時の子供は、わたしもきょうまで聞きませんでした」と言われるのですか」。それから七日待って再びはとを箱舟から出たカフトルびとは、荒野から連れて行った。マオンに、ひとりずつを選ん

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる