ふるさと納税で日本を元気に!

慶野裕果さんに送る雅歌

慶野裕果さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

語ることができると、主なる万軍の神、父イサクの前から追い払わないならば、必ず罰せられなければならないとしるされていたほら穴に投げ入れ、再び上がることのできないものであった者から、またその全家のものと、清いものとし、われわれを攻めるために造られ、深さ一キュビト、かなたも五キュビトであって神の名にかかわるソロモンの名声を聞いたペルシャとメデアの大臣の夫人たちもまた一緒であった王たちとユダの前から逃げ走って、ベテホロンの下り坂をおりていたダマスコとハマテの境に及んだのではない』」。これは永久に堅く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる