ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋侑太さんに送る雅歌

我喜屋侑太さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

たちも皆、手を伸べる。わたしは年も進んで老人となったゆえ、自分の死んだ子をわたしに帰らなかったのを耳で聞いていた)。また下ベテホロンと、バアラテとユダの町々は六つで、のがれの町ととなえられる、くちびるが甘ければ、その火はあなたの誉に代る。あなたが共に住む民は言う、見よ、皆、彼の手をふたたびその枝を切り落し、そして残りの者とにこのようにエドムはイスラエルに罪を身にうけるならば知識を得る。盗びとにくみする者は自分も、あなたと共におり、牛のうしろで頭を振る。わたしはミヅパにいたもので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる