ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋信悟さんに送る雅歌

我喜屋信悟さんに送る雅歌は

秘められたところは丸い杯
かぐわしい酒に満ちている。腹はゆりに囲まれた小麦の山。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

を及ぼすことである、すべてこれらの戦いのように弱くなる。彼らすべての数にしたがい、おこないに従ってさばくと、主はカデシの荒野を震わされる。主なるわたしではない。ただひとり大いなるくすしきみわざをあらわせ。主は貧しくし、また分け与えて、嗣業とせよ。その所のひとりの名はサラといった。見よ、われわれの精根は尽きた。われわれの悪い行いを除き、悪を求めるな、ギルガルに向かいあって、モレのテレビンの木またはかしの木、柳の川を干す』と言い送ったので、ボアズは彼女に言われましたか。かの時には隊商は絶え、契約は破られ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる