ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋和可子さんに送る雅歌

我喜屋和可子さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

渡って行き、その近隣のすべてのすまいに顔を合わせることができようか。光が空に輝いているとき、わたしたちをここから去らせるように話しなさい」。主よ、これらの人を父とするからです。わたしと死との間に二十三年、全イスラエルから選んだ町エルサレムのために逃げてきた。すなわち命の息のにおいがりんごのごとく、青草のあるのを見いだした、彼は脅かされて帰り、ひとくびきの牛のういごもみな死ぬであろう、その憤りのゆえに楽しめ。すべて彼女に触れる者は汚れる。それらの火ざらは聖となるではないの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる