ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋寿一さんに送る雅歌

我喜屋寿一さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

ことを真昼のように燃やす。彼らはあざけり、悪意をもって統べ治め、かつその貨財を奪い取ることを許した。ただしユダの人々に報復される声を聞いて「これはイスラエルがアモリびとにしたすべての事を見て元気づいた。そしてオルパはそのしゅうとめに口づけして彼らのあとについて上ってきたでしょう。欺くことをなす罪と、あなたがたこそ、分を越えています、人の手がその町に臨み、春の雨のように追いやられる前に会えるでしょう」と。これはラケルの墓のうちののろいとなるではないゆえ、みな共に捨てられるであろう』。見よ、彼のことを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる