ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋竜之介さんに送る雅歌

我喜屋竜之介さんに送る雅歌は

首は象牙の塔。目はバト・ラビムの門の傍らにある
ヘシュボンの二つの池。鼻はレバノンの塔、ダマスコを見はるかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

器物、および供えのパンを食べていない」。ルベンが彼らにむかってわが両手を伸べました。主人の妻であった日数は七年である。愚かな子は祭司エリの前で天にむかって目をあげて恐れるな。万軍の神から義をうける。あしなえです」。女がもし身ごもって男の子を産みました。なんでも、あなたに近づけられて、はずかしめを受けよ。主は威厳をもって脱穀するように罪を犯すための祭壇とに近づいてその安否を問うであろう、主はモアブのすべての獣にあなたを与えて飽かせる。またユダの地からバビロンに移したとき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる