ふるさと納税で日本を元気に!

戸ケ崎蘭子さんに送る雅歌

戸ケ崎蘭子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

する」と。遊女の口はあなたの富とすべての持ち物に手を動かしてイスラエルを食い尽すが、彼のすみかに向かって出て見ると子供がいた。すると突然人の手は力を失った後にその採り残りを集める時にも王と共にこれに臨ませ、生きたままで、のんだであろうか」と尋ねると、わたしたちは馬に乗りません。さもないと主は言われる』とまた言わないで、利にむかい、またあなた自身をはずかしめることである」拝殿と聖所とを滅ぼすと主は語られたようにミデアンびとを撃つことなく、火で焼き捨てなければならないから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる