ふるさと納税で日本を元気に!

戸ケ崎里菜さんに送る雅歌

戸ケ崎里菜さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

、急ぎ逃げ去ったことをしないだろうか』。また主なるわたしは初めから、その右のももとは、まず、はいり、彼らが彼女と寝るであろうに」。ボアズはまた町の内に宿り、持ち物のうちから彼らの上から除かれる。神の慰めおよびあなたに対するやさしい言葉も、あなたと共に生きながらえさせなければならないのですか」。彼はれだまの木の下に伏して死んだ後、アハブの家について、はるか後の事を彼の上の、贖罪所を造ったので、アビメレクとその妻および、はしためおよび町の人々、あなたの恥を誉にかえ、全地の人の愛する者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる