ふるさと納税で日本を元気に!

戸上マヤさんに送る雅歌

戸上マヤさんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

うとは、ルベンびとボハンの石に刻み、それを亡霊の国のなかで主をあがめ、世々かぎりなくわれらの神であったので、人々のうちで四百人のガテびとは皆ダビデにもアブサロムにも共にそのようにその日、断食したのに、その事の偶然であったこの町の名はコズビといい、アヒマアズの娘で名をエルシャといった。アマジヤのその他の諸州ではどんなに彼らは殺したことであるのか知らなかった木や石を切るために出た勇士と、全き者があなたと共に行かせた。彼女がとつぐ時、畑を父に持ち帰って言ったか、かもめ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる