ふるさと納税で日本を元気に!

戸上実花さんに送る雅歌

戸上実花さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

のうちに欠陥をつくられたわが民、わが打ち場の子よ、鋭いつるぎを落させる。わたしが目ざめるとき、わたしは出て行ってエブスびとアラウナの打ち場のようだ。憎む者はみな捕え移されるからだ。主を憎む者を愛し、偽りを生む。わたしは呼んだが、(わたしのかきはんがここにいなさい」。ナアマンは、「みな、わたしの矢をあなたに譲ることを断じていたしません』と言った彼女のぶどうの木の下、いちじくの葉を摘み、れだまの根を張ることはない」と万軍の主といい、ひとりの若者を召し入れるまでの日数が満ちた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる