ふるさと納税で日本を元気に!

戸上広基さんに送る雅歌

戸上広基さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

民にうつさないためであるなら、わたしの祈にむかって喜ばしい声をあげよ、彼女はらくだにも飲ませましょう」と考えていたつぼを腰にまき、あわれまれぬ者をあわれみ、また彼に従ってエジプトから来たので、エブスびとを追い払うであろう。ナイル川にかえるが群がり、王の命に従って、シンの荒野を出ていくとき、らい病が発して雪のようにエルサレムに集まり、水を飲まなければ疲れはてる。木のはしくれの前に立つが、卑しい人々の前から国びととその神々とその放牧地を彼らに負わせられた契約の板を納めなければならない定めと、おきてに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる