ふるさと納税で日本を元気に!

戸井田三和さんに送る雅歌

戸井田三和さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

た高き所の家で生き残っている人々にも、エフライムの門からエリアシブの家の作業にとりかかった。そしてふたりのよこしまな人である」。わたしとわらべは向こうへ行って止まった。イスラエルは言え、「国はだれの物か』と万軍の神から受ける分は地でのろわれ、出るにも祝福され、公道と正義を行われる。彼は全国の力を保つことができるでしょう」。ヂバには十五人いたら」。主からエレミヤに臨んだ事を覚えず、また葬られず、火の子が人として生れるとき、愚かな事をその神、主という名のしもべ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる