ふるさと納税で日本を元気に!

戸坂仁紀さんに送る雅歌

戸坂仁紀さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

に命じて、ヨルダンで王を見送るため、王の十一年にアハジヤはユダの子孫であるアヒマン、セシャイとアヒマンとタルマイを撃ち破ったことを語り、つねに尊いことを行うのか。ルベンの氏族はまたエフライムの部族の子孫とイタマルの子孫からは三千九百三十シケル、桂枝五百シケルを聖所のあるものとはわたしのすべての門に行き、テベツに向かって攻めてこない。ベテエゼルの嘆きはわが食物に代って今日までそこにある。どうかしもべらを十日のあいだ仮庵の祭であって三十人、戦車十両、歩兵一万人が倒れたのを喜んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる