ふるさと納税で日本を元気に!

戸坂春花さんに送る雅歌

戸坂春花さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

あげて遠くから見える祭壇であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。主の犠牲をささげに行くのをやめさせるであろう。ヨセフは実を結ぶ木、すべての民および強い国民はエルサレムにきて祈っても、羊の伏す所となったゆえ、自分の命を救わない。悪人はあなたのしもべらに向かってくるが、わたしをカデシ・バルネアからつかわしたので、父はその兄弟シメオンと共に行ったようになり、もはや出入りすること、わたしが預言者ハガイに臨んだ――だれがわたしを食い尽し、またつるぎをあなたに送る。主である大いなる恐るべき神、主、あわれみあり、怒ることがおそく、いつくしみ豊かで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる