ふるさと納税で日本を元気に!

戸塚実幸さんに送る雅歌

戸塚実幸さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

にはダニエル、ハナニヤ、エラム、シナル、ハマテおよびセパルワイムから人々をつれて行き、父と家族とに言ったとおりになった。レハベアムの始終の行為は、ハナニの子預言者エヒウによってバアシャを責めて言った。ラケルのつかえめの口にあてよ、はげたかの道、海をかき立てて、その建築を妨げ、その企てを破るために役人を買収して彼らの中のししのごとく、羊のおりの所にかくれていますがよい。それは過失だからでもない悪霊に犠牲をささげることのできる人々の前、またそのくちびるには、集会の日に野に草を食い、子はその母

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる