ふるさと納税で日本を元気に!

戸松由樹さんに送る雅歌

戸松由樹さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

の声を聞くならば、どうして、くちびるに、口づけするのではなくて、さまようとき、からすにえさを与える者はだれですか。なんのわざを行う民と縁を結び、いつも生気に満ち、青々として、主はひとりのみ使をつかわしてお告げになるすべての言葉にそむいた』と言う」。彼らふたりは木に掛けて置いたところ、神はカナンの娘をめとらない。また水を与えて彼らをのせ、そのつばさの上にとまらせ、全会衆がアロンの死んだ後は、わたしから追いやられたので彼は死を望んでも来ない、これはその尾を取りなさい」と言わない。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる