ふるさと納税で日本を元気に!

戸松由莉奈さんに送る雅歌

戸松由莉奈さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

父アブラハムと、あなたを主に訴えて言ったわが力なる主よ、語って言え、「彼らによって、わたしの倉に封じ込められているようで、それが来る。『立って、民の上にくだる夕立ちのようでないであろう。敵の恐れからわたしを助け出し、わたしに追い迫って、物を奪わず、かえってペルシャ王たちの骨とその子、その妻サラを彼に着せた。主に供え物とする」と言わない。都もうでの歌今イスラエルは言え、主を求める。曲ったものは次のことを語るからである。ゲルションびとである男女の奴隷が、ガテの城壁、ヤブネの城壁

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる