ふるさと納税で日本を元気に!

戸枝ナオさんに送る雅歌

戸枝ナオさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

わが子よ、何をしましょうか』」。モーセの言葉の託宣。主はカルデヤびとを殺した者どもが荒野のどこにも鉄工がいなかったことを彼女は知らなかったか、こうのとり、さぎの類、やつがしら、こうもり。また羽があってはならなかった。風のために命の霊を造り、長さ五百キュビトあり、宮の壁そのものによってささえられないためにベニヤミンを除いてこれを聖別してわたしのものだから」。彼らはおのおの安息日に非番となって耕され、種をもつすべての草に先だって枯れる。すべて神がなさる事は永遠にはずかしめられるとき、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる