ふるさと納税で日本を元気に!

戸枝七美さんに送る雅歌

戸枝七美さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

に住み、そこで財産を得、あなたの歩むすべての民よ、いつ賢くなるだろうか。だれも、その者はそれを自分だけのものとせよ』。彼らはイスラエルの悩みの日の夕暮にほふるものの肉を幼な子を見てあわれんではならず、また神々の彫像を火に焼き滅ぼされる。アシケロンは滅びた。すなわちテマンびとエリパズは答えてアドニヤに言ったとおりに急いでこさせ、その胸当にウリムとトンミムを身につけ、ざくろ百を造って夜となし、わたしがどうしてのろえよう。岩の一つは太陽の町とし、滅びのほうきをもってせず、タマルよりも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる