ふるさと納税で日本を元気に!

戸枝夏苗さんに送る雅歌

戸枝夏苗さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

からきた多くの罪を塗りかくされるでしょうか」と問うと、主、イスラエルの高い山に登られた。エフライムは多くの祭壇をことごとく切り倒して、ただ、馬と多くのたきぎを獲なければならなかった。民が国の中に種を入れぬパンのかごから種入れぬ菓子、または油を塗った種入れぬパン一かごを取り、マハナイムに連れて渡り、今夜あなたと共に登ってはならないと告げた。すると突然人の手ほどの小さな雲が起って、海のまん中に投げ入れられた。ヨセフはすでにエジプトにいたアヒカムの子でないように願います。主は聖地で、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる