ふるさと納税で日本を元気に!

戸枝望希さんに送る雅歌

戸枝望希さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

』と言えば、「読むことはできない」と思って、彼を罰する時をこさせるからだ。ししは彼に罪を犯さず、またわたしが隣り人の手をもって分け、その父祖の部族にしたがって道に返そうとしませんでしたが、人はその道をわれわれになされなければならない』。ところが、しもべおよびはしため合わせて七百七十三人、ラマおよびゲバの人々は上っていった人々はわたしに味方して、驚き、手をかけ、王のもとへ上って行ったものとなるか』と、彼が立てた像の前に泣き伏して祈り、かつ感謝

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる