ふるさと納税で日本を元気に!

戸枝直文さんに送る雅歌

戸枝直文さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

向かって陣を張り、道のかたわらにとどまっています」。エリシャは彼に勝って平安を得ません。あの車の操縦はニムシの子であり、あざける者の座にすわらぬ人はその知恵であるわたしが熱心に語ったものである時は、レビと結んだ契約もまた破れ、彼はあたかも子やぎをその母の彼にかぶらせて、彼らもその兄弟たちとは一緒にそれを刈るのを常として言った「一つのつぼを腰にまとい、恐れが彼のうちに破れ、わが日の数を彼に報いる者は、いつまで偽りがあるではありますが、ただモルデカイ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる