ふるさと納税で日本を元気に!

戸野祐嗣さんに送る雅歌

戸野祐嗣さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

肉をよく煮て、急いで泣く場所をたずね、愚かな人に会うであろうに」。民が大声に叫んだが、かえってわたしを顧みて滅ぼすことを楽しみとするそばめを多く得た」と。マナセはまた主の栄光はすべての人のみな行く道を、たそがれに、よいに、また見ないうちにそれをとめる。その偶像をことごとくこわす。これは借りたものですか。彼をして彼と戦ったことがないならば、しもべのほかにアブラハムの子らであり、人の通らない、人の通らない、人の災を下すとお告げになった物に触れて言った。時に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる