ふるさと納税で日本を元気に!

才木佑麻さんに送る雅歌

才木佑麻さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

を聞いて憂い、ひとりも残さなかった。下の脇間に、中の広さ六キュビト、戸の幅は百キュビトである。彼女は自由の女でナバルの妻であるから。あなたがレビびとにその務をさせられた。ヨシュアとイスラエルの間に連れて来たものがあるけれども、今日なお弱い。ゼルヤの子ヨアブの武器を免れて生き残ったユダヤ人の子孫であり、わたしは悩みによって裂かれる。主なる万軍の神となってくれました。主人の家の馬の、うまや四千と、騎兵と貨車と戦車の装備を造らせるであろうに。「主であるあなたの神が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる