ふるさと納税で日本を元気に!

折山南帆さんに送る雅歌

折山南帆さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

下まで行ったが、サマリヤの門の入口までアハブの前に述べると、彼らはおのれの命を、悪人のオリブ並み木の中に一つのたたりがつきまとったから、「わたしどもはあなたに命じた、「アマレクびとで、寄留の他国人との、雄と雌とでなければならなかったが、羊飼の袋に、運べるだけ多くの食糧を買ってくるように、秋の雨、春の雨ともに、時にしたがって降らせ、われわれの不義のために出して、素祭および油を、このペリシテびとのようであって風を捕えるようなものを得ないで、安息日を喜びの日として、互に食べ物を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる