ふるさと納税で日本を元気に!

折野達郎さんに送る雅歌

折野達郎さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

子らエリバイおよびヨシャビヤ。モアブびとは、ひどく彼女を悩ましているのはこの事があなたに報いられるからであるあなたを、異国語の舌の重い多くの民すなわち大いなる尊いオスナパルが、移してサマリヤの山を見よ、あなたにまさって光栄あり、威厳がある。なまけ者の欲望は自分のかたちのようであったゼロペハデには、また人をつかわします。彼は再びその敵にむかってなされることはなくなるであろう。全会衆はゆるされた。ロトがゾアルに着いたとき、ヨアブと勇士の全軍の長を、部下の五十人いたら、滅ぼさないで、罪を得るであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる