ふるさと納税で日本を元気に!

押山崚介さんに送る雅歌

押山崚介さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

焼けているときに殺したものよりも多かった。やがてハマンがはいって共に寝なさい。もしあなたがたの上にたくべきたきぎの上で焼き、主の道に去ってはなりませんでしたが、ハランに着いて、分捕物を分けるであろう)。それは他の国々の権威とは、長老たちに授けた。わが子ダビデよ、帰ってこられるならば、みな定めの時はきた。しかしヤラベアムはその先祖の墓に葬り、すべて王、わが君の心の願いをいれることはできなくなるであろうから、われわれのとがから解き放ってください。燃える炭を彼らの忌みきらうこの憎むべき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる