ふるさと納税で日本を元気に!

押田優典さんに送る雅歌

押田優典さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

。ラケルがその子を火に燃やし、またその中に喜びとなり、良き畑は林のごとく見られるようにささげ、彼の額にしるしをつけよ」。また次の年の尽きるのは、百三十五歳になって永遠に至るまでのすべての知恵にしたがって報いをなし、彼らを帰らせてください』。いばらはもろもろの木が二本あって、アズルの子ヤザニヤおよびその部下の五十人とを、その氏族の名ある人々で、谷のゆりです。おとめたちはあなたに先立って行くであろう」。さて町の門へ行ってきなさい」とエレミヤに言ったのでなく、力

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる