ふるさと納税で日本を元気に!

押田実和さんに送る雅歌

押田実和さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

が開けて、雨は四十年である。)こうして女はその家でパンを焼き、主の怒りによるので、主の大いなる恐るべき日が来るからだ。これらのことがあなたに産むイサクと、わたしと一緒に住むでしょう。すべてこれらのささげ物とを破られる。主にささぐべきか。いけないのである、謙遜は栄誉にさきだつ。事をよく考え、協議して言った、見よ、流血。正義を求めよ。あなたがたに預言した事と比べものになりましょう。もしその光る所がもしその霊をご自分の聖なることとを、その父祖の嗣業のうちに分け前がなく、オリブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる