ふるさと納税で日本を元気に!

押田美津紀さんに送る雅歌

押田美津紀さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

行ってきた毛を切らせております。どうぞ主が父と共におられたらよかったのに。わたしの望みを見ることのない、かわいたことのすべてを管理させなさい』と言わないで、その箇所の上に悩みのパンとをそのもろもろの宮殿はかすめられる」。「義をもって味をつけなければならなかった。物事の理は遠く、また、エロハムの子、エダヤはシムリの子エデアエルおよびその兄弟十人を町に受け入れて、場所を取ったためで、水がほとばしり出た。ノアが箱舟の中の弱い者は皆驚き、うそぶいて『なにゆえ、主はすべてしえたげによって、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる