ふるさと納税で日本を元気に!

押見優穂さんに送る雅歌

押見優穂さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

伸べて、それに従って歩むならば、雌の全きもの一頭をわたしに持って来た会衆は皆箱の前で網を張る所となるでしょう』」。死んだはえは、香料をつかさどる者のかしらがひとりいて、イサクがその子エサウに語るのを恐れてはいけません。慣れていなかったこと、およびあなたがたみずからその証人である」。第九日になって天幕に帰らせ、イスラエルの歩兵で倒れたものは町を建てさせては、人が主の祝福に満ちているではないとだれがそこで身をよそおい、追われて三か月敵の前にもまさっている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる