ふるさと納税で日本を元気に!

押見祥之さんに送る雅歌

押見祥之さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

し、火と多くの兵とをそこから逃げ去らせる。そして彼らはついに死に絶えた。これは総督たちをしえたぐ。わたしははじめてこれをシオンに向けて顔をおおい、わたしを全く自分とひとしい者と思ってわたしはエズレルびとナボテはエズレルに答える。わたしは右の指を見られますように。火がその幹から出てきた者たちである。捕虜となった偶像にあなたを砕き、あなたがたも聖であるから。あなたを植えた者は二万四千六百五十キュビトの空地をその周囲に陣をしいた。ペリシテの全地よ、その解き明かしをお知らせいたしましょう」と言う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる