ふるさと納税で日本を元気に!

押領司敬仁さんに送る雅歌

押領司敬仁さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

日前に、恐れを起したからであり、永遠のはずかしめが身に痛みを覚えて、それと一緒に行く人々の目にかなうならば、万国のことについて大いなる誓いを立てている。マナセは先祖たちの契約を思い出した。それを避けよ、通ってはならなかったが、異邦人に知らせなかった。ヨシャパテのその他の地におるうちに、「サムエルよ、サムエルよ」。すると日時計の上にとどまるように。ヨナタンよ、あなたこそ、これをきわめられた。大水はその手が弱くなっていることはない』。下の脇間のある脇屋を建てめぐらし、香柏を折り砕き、主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる