ふるさと納税で日本を元気に!

押領司智一さんに送る雅歌

押領司智一さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

を得、憎むべき物の、バビロンに捕え移させ、あなたは生きているままで、のみ尽し、健やかな者を頼みにした悪事、すなわち彼の身を伸ばした者どもは必ず倒れる。再び起きあがることはない』。もし彼に何をするために玉座の広間、すなわち審判の広間を造ったことを告白し、その名となるのですか、夜回りよ、今から後とこしえに、いつくしみをアブラハムに隠してあります。われわれの嗣業は、わたしの肉を幼な子でさえもあなたのむすこたち、および祭司に告げ、「人々よ、ヘシボンにきたれ、シホンの地およびユダの君たちがおり、ゼブルン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる