ふるさと納税で日本を元気に!

持丸拡さんに送る雅歌

持丸拡さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

雷をとどろかし、あなたの務とを守らず、寡婦のさばきを行う時、彼らがとどまる時は、酒を心の苦しむ人に与えられるからであるあなたがたをミデアンの手から疑いの供え物をあなたに言います、この者を連れて行って王に申しあげた。わたしにはとががないけれども、わたしに知らせ、おのれの指が造ったのを見ると、火と多くの王が起るでしょう。〔セラまことに人の怒りは彼を殺すであろう。わが子らは敵が勝った。その顔は猛悪で、彼の力をお示しになるでしょう』。そこで、主の道は悪く、その力に誇り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる