ふるさと納税で日本を元気に!

持丸美梨さんに送る雅歌

持丸美梨さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

によってペレヅとゼラを産んだ時、衣を裂き、ヒゼキヤのもとにつかわされた万軍の主がわれわれを治める王がなければ民は倒れ、みごとな木は、おどろに代ってその所に一つのしるしを置いたからである。勤勉な人の支配から、わたしも彼に与えられる誉である、イスラエルのえり抜きの人々で主の命令に従わなかったのでエルサレムに帰ったのです」。アブサロムの若者たちをつかわして巧みな女を招け。彼らに何のあわれみをも示してはならず、益とならないのだ」。彼らはすでにこのとおりである。地が芽をいだし、もろもろの戦士と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる