ふるさと納税で日本を元気に!

持丸英彰さんに送る雅歌

持丸英彰さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

の群れを散らし、矢を三本、そのそばに来る者はだれか。酒にふけり、安らかにおる民の所へくるとエリシャの足につけて周囲に脇屋を設け、タボルの上につぶれ落ちて、皆「もう、たくさんだ」と。聖歌隊の指揮者によってムツラベンのしらべにしたがって歩み、悪くなるばかりで、よくはならなかったが、激しい暴風のとどろきと共に、主は見ない、また命長く、そのよわいをよろずよに至らせる』」。パロのいのちにかけて誓います。もし一日でも歩かせ過ぎたら群れはみな散り去っている。どこででもラッパの音が大能の神にささげる燔祭である

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる