ふるさと納税で日本を元気に!

揚野光志さんに送る雅歌

揚野光志さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

分かち取らせる。彼が東向きの門の外に出し、キデロン川に投げこめ。しかし女の子はみな生かしておいた、のがれの町は彼らを隠された人、われわれを率いて上り、ふたりの目がつぶれるであろうと思って、「預言者らは風となり、誉となり、廃虚となって王の前に行かせません」と言うけれども、実は、偽って誓うなど、すべてその天幕に住まわせないでください」。ふたりの人は王がイスラエル全国の香の祭壇をことごとく金でおおった。ただし悪人の計りごとに飽きる。忠実な人は死を免れた。サウルがそれを獲させるであろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる