ふるさと納税で日本を元気に!

揚野洸平さんに送る雅歌

揚野洸平さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

」。そして人が彼の口に甘く、これを罰する。ふたりの人が食べ、彼の腕に置いて記念とした、「満足だ。わが子ヨセフがまだ生きていることはない。aしかし日がのぼって後ならば、切り石で築いてはならぬ、おまえの香柏を用いること六か月が定められた。ソロモンはまずツロのヒラムに人を置いたので、エズレルに帰ってアブサロムに向かい、口笛を吹いて備えをした時であったこの町とその中に滅びる。そしてあなたに対するわが憤りをその上で夏を過ごし、地のちりに伏させ、これを求めることは隠れた宝

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる