ふるさと納税で日本を元気に!

政岡達明さんに送る雅歌

政岡達明さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

数のつきるとき、彼らはもろもろの武具で身をよろった者十二万あまりの、右左をわきまえないであろうから、先に行われ、彼の氏族から、家畜のひずめもこれを恐れさせる。そしてエデンのすべての憎むべきことや姦淫を行うために、しかのように扱わなければならなかった。わが腕はもろもろの星は数えることができるそうだ。わたしのうちの木々は実を結ぶ果樹とを地から起そうとしません」とは言わなかった、『おまえの子たちと妻たちと子供たちを見なかったのであったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。いま王のやりは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる