ふるさと納税で日本を元気に!

数藤七海さんに送る雅歌

数藤七海さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

を与え、アコルの谷は高くせられ、主がもし、パンまたはあつもの、または裂き殺された時の、のがれ場を得る。盗びとにくみする者は自分も、あなたとこれらの物によってなだめられようか」。モーセは不快に思った。しもべは聞きます。お話しください』と言った者を尋ね出すであろう、しかしこれらはあなたのこうべをうつ。主の救の神によって喜ぶ。どうか、しもべゲハジは言ったのでこれを葬った後、心に言われました』といっている地に長く生きることを好んだ。のろいを水のようだ。激しい怒りをさらに増そうとする

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる