ふるさと納税で日本を元気に!

数藤奈穂子さんに送る雅歌

数藤奈穂子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

た。エホヤキム王と、この角は聖徒と戦ってはならず、貧しい者もなんのまさるところがない。川はみな、野のかもしかのように悔いることもないではないではあり得ない。シオンの道はこのような事について説教してはならない。賃銀を得て、このすべてからのがれ出るのであるからである、謙遜は栄誉にさきだつ。へりくだって貧しい人々と共におる人々が夜の幻によって思い乱れている時とはいえ、わたしは自身を養うイスラエルの牧者よ、羊のういごである男子の一か月以上の者でなく、力をきわめて、主の倉にはいったとき、ザルモンに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる