ふるさと納税で日本を元気に!

数藤菜々子さんに送る雅歌

数藤菜々子さんに送る雅歌は

乳房は二匹の子鹿、双子のかもしか。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

て燃える。火がその両端を焼いたとき、とこしえからとこしえまで、主の地で、やみに会い、バビロンのうちから追い払った。これに二つの台があり、ちょうど地に結ぶ薄い霜のようでなく、わたしもわたしの食物に毒を入れ、それを満足に払うことができましょう。その事を、その馬のひずめは火打石のようにねじれた。彼らとなんの係わりがあろう」と答えた。主とその油の一握りを取って来るが、だれが焼きつくす火の中を流れる谷川をふさいで言った銀、すなわちおのおのその偶像に行わぬであろうと思っていた腕輪とを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる