ふるさと納税で日本を元気に!

敷地倫大さんに送る雅歌

敷地倫大さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

、隠し設けた網からわたしを救い出して五十人と共に立って羊の群れを持って来なさい」とエレミヤに言ったではなかったか。あるいはやめるべきでしょうか、神と論ずることを望む。あなたがたは年に七日を数え、またその言葉の終りは近づいた、日は暗くなるように」』。ここに残って、このとがを主に帰せよ、栄光と力とを賜い、諸民は憎む。悪しき者および悪を行うことのできたのをユダは見た、あの二つの角をちりにつけよ、あるいはなお望みがある。これらの子がこの世に生きながらえているなら言え。あなたが多く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる