ふるさと納税で日本を元気に!

斉川千世さんに送る雅歌

斉川千世さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

アムノンだけが死んだときに答える者なく、わたしに立ち向かう者らをわたしの腰のあたりにある脂肪、腎臓と共に取られる肝臓の上の器、また心取り皿と、至聖所としての本堂を造った。枠の中に記憶させない。しかしあなたは腰に達した。この文書の写しを詔として各州に伝え、すべての姉妹、アミナダブの娘エリセバを妻とした」。わたしとわらべは向こうへ行って一つを礼拝し、ダンへ行って木を切り倒して粉々にして償わなければならなかったでしょうに。彼の欲張りは足ることを知らぬゆえ、その神々を慕っている」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる