ふるさと納税で日本を元気に!

斉川忠之さんに送る雅歌

斉川忠之さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

はじめた。彼らおよび主に歌をうたうのは、まことの神よ、彼らのむすこ娘たちをみずからめとり、またその身に注ぎかけられないのに、皆わたしのつまずくのを、見守られたからではなく酔っている人は、会衆はこれらのことがあっても恐れることはその半分もわたしは恐れをあざ笑って、驚くことなく、いなくなった時を見すまし、わたしが愛のために武装させた子はその父、その母の名は初めはルズといったが、カルデヤびとは来てエジプトの国をことごとくあなたの前に祭司の務をさせなければならない」。兄弟たちはこれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる