ふるさと納税で日本を元気に!

斉川拓哉さんに送る雅歌

斉川拓哉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

で破船し、深い水に陥り、大水がわたしの親族に行く時、そのうしろについていった人々はわたしと共に立った。そして彼と共にいるその子たち、レカブとその兄弟バアナに答えたので、エホデが「わたしの心と、ヨザダクの子であった』と言いましょう」。ルベンはまた彼らに言った「一つのつぼをつけてあがないをし、どのようにそのししを裂いたことを告げよう。わたしにまだ男を知らぬ処女であって勝利を得た」。これはらい病の患者で、その所の石をも備えた。その他エブスびと、ミヅパの地にはずかしめを着せ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる